こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年3月3日土曜日

3/3(土)の授業報告

3月3日のひな祭り☆
本日から目白スタジオがオープンです!
新しいスタジオ、新しい道具や材料、そして新しいお友だち、たくさんの新しいにあふれたオープン初日で少しそわそわとした気持ちでした。(うれしいそわそわです。)
今日は幼児クラス、少年A・Bクラスにそれぞれ体験のお友だちが来てくれました。どうもありがとう(^‐^*)

さて今日は「三原色の色水」に挑戦です。
最初は準備運動とリラックスしてもらうのも兼ねて、クレヨンで絵を描くところからスタートしました。
幼児クラスのお友だちは電車や車、トラックなどを力強く描いてくれました。横から見たところ、前から見たところ、ドアの形までよく見ているんだなぁと感心です。
少年Aクラスのお友だちは春をテーマに絵を描いてもらいました。大きな桜の木、花びらが舞っていて素敵ですね。
そして少年Bクラスのお友だちはものを見て描くのが得意ということで、スタジオ内の道具(ボンドやペンチなど)をいくつか選んで描いてもらいました。
立体的によく観察できていましたよ〜。

ウォーミングアップのあとは、色水へ。
小学生のお友だちは「三原色」という言葉も知っていました!
3つの色水(マゼンタ、シアン、イエロー)をスポイトをつかって混ぜながら、たくさんの色をつくることができたね。
幼児クラスのお友だち、スポイトの使い方しっかり覚えていましたよ!
色の変わる瞬間は驚きとわくわくに包まれていました。
きれいな色でも3つ全てを混ぜると黒に近い濁った色になるねと話すと「こんなにきれいな色なのに〜」と言っていました。確かに、きれいな色を混ぜて濁った色になるのは色の仕組みを知っていないと納得がいかないように思いますね。
そしてつくった色をつかい、スポイトで絵を描いていきました。
紙の上で水がプクッと溜まるのを楽しんだり、紙の上で水の色が変わる様子もおもしろかったね♪
偶然できた色や形が何かに見えてくる、そういった発見や面白さも味わえたのではないでしょうか?
またぜひ来てくださいね〜。

担当したのはのぞみ先生でした。(記:のぞみ先生)