こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年3月12日火曜日

3/10(日)の授業報告

本日の日曜クラスは、体験のお友達が来てくれて、アシスタントには目白スタジオは初めてのゆう先生が来てくれました!

体験のお友達は、「色水のスポイト画」をやりました。色の三原色絵の具(シアン、マゼンタ、イエロー)を使って6色の色水を作り、スポイトを用いて色水で絵を描くという課題です。(画像1、2枚目)
たくさん色を使って、賑やかな画面になっていますね。画用紙の上で色を混ぜるのが楽しかったようで、深みのある色が出せています。指や手のひらも使って積極的に描いてくれました♪

レギュラーの生徒さんは「張り子のお面」制作に入りました。簡単に言うと、膨らました風船に新聞紙を張って土台を作り、上から色付き半紙を張って、顔のパーツを付けてお面を作る課題です。
まずは、どんなお面にしようかな?と簡単にエスキース(画像3、4枚目)。面白いお面に仕上がる予感…(^^)
エスキースができたら、風船を膨らまして新聞紙をビリビリ。ボンド水で風船に新聞を張っていきます。手がベタベタになって大変だったけど、みんな良いペースで進みましたね。今日は新聞を風船が見えなくなるくらいまで張ることができました。
次回も、張り子のお面の続きをやっていきましょう!

担当したのは、ひかる先生とゆう先生。(記:ひかる先生)