こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年4月29日月曜日

4/27(土)の授業報告

土曜幼児クラスは「お面」の続きとねんどの工作を行いました。
お面はいよいよ完成です。風船を半分に切って、目の穴をあけると被れる形に出来上がったね。目やクチバシをつけたかわいいペンギン、黄色の目がポイントのかっこいいウルトラマンが完成です!被ると変身した気分になって、それもまた面白い(^O^)
後半は紙ねんどに色混ぜしながら、工作していきました。カメとカニをつくるのを目標に、紙ねんどに絵の具で色んな色を混ぜ混んでいけたね。パン屋さんになったつもりでよーくこねていきましたよ。残り時間も少なかったので、形にならずに終わってしまったが残念でしたが、また次の機会に進めてみましょうね。

少年Aクラスは前回に続き「フレーム」づくりの生徒さんと、リクエストがあり次回の静物画のモチーフになるカメを立体的に制作する生徒さんとに分かれて制作しました。
「フレーム」づくりは半紙を使ってつくったモチーフやキラキラのスパンコール、ビーズでデコレーションして仕上げました。クローバーとお花が四隅について、かわいく出来上がったね♪
カメづくりでは半紙をねんど代わりにする手法を使いました。ボンド水に浸した新聞紙を中身に半紙で覆い甲羅をつくり、各パーツをそれぞれ半紙で形づくっていきました。ねんどベラで甲羅や口に溝をつけたり、手足の指も細かくつくれたね。乾くのに時間がかかりそうですが、しっかり乾いたら着彩してさらにリアルに仕上げようね^ ^

少年Bクラスは前回に続き「お面」づくり。前回風船に張り子をした半紙もしっかり乾き、丈夫に出来上がっています。風船を半分に切って残った方でひこにゃんのカブトのパーツをつくっていきましたよ。あとは組み立てて顔が出来れば完成です!この調子で最後まで丁寧に仕上げようね♪

担当したのは金野のぞみ先生でした(記:金野のぞみ先生)