こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年6月17日日曜日

6/16(土)の授業報告

今日は、しとしと一日中雨で
とっても梅雨らしいお天気でした。

目白幼児クラスは、隔週クラスのお友達と体験のお友達の
「はじめまして」から始まりました。

最初にクレヨンを使ったドローイングで、準備体操をしつつ、
教室やお友達や先生にも慣れていきます。

マルは元気よくかけたけど、
さんかくや四角は難しかったので、先生と一緒に練習しながら。
くるくるの線や、なみなみの線もかけました!



続いて、色水を作ってスポイトなどで絵をかく課題にチャレンジです。

こちらの作品は発色のよい絵の具を存分に使って、
スポイトで大胆に色水をひろげていて楽しそうでした。
スポイトで黄色い点々をいたのがお気に入り。
いろんなことに疑問を持ちながら、どの作業も積極的に進められました。


こちらの作品は途中までいろいろかいていたものを、

最後に筆でさーっとのばしていました。
そうしたら淡くてやさしい色の作品になりましたね。
授業の終わりに「あー楽しかった」といっていた笑顔が印象的でした。




続いて午後の少年クラスは、
はじめに「帽子をつくる」課題の仕上げです。



もう慣れた手つきで、黙々と作業をしていました。



そして完成したのがこちら。
このとんがり帽子は落ち着いたトーンでまとめられて
とても大人っぽく仕上がりました。
内側は一色の布でまとめてあり、こだわりを感じます。

布のリボンがアクセントになっていますね!





こちらはシルクハット型。
安定感のあるしっかりとした作りです。
裏面も粘り強く仕上げていました。

最後に筒の部分にくるっと一周、テープ状の布をはって、
単調にならないようにうまく変化をつけています。



こちらは、帽子の上部の丸く切ってはった布がポイントになっていますね。
遠くから見るといろいろなものに見えくる、
面白いバランスで布をはれています。
裏面も一生懸命できました。




さらに、授業後半では、「梅雨空を描く」の課題に進みました。
自分で梅雨の雨を降らせたい場所を、クレヨンと絵の具で描き、
最後に立体感のある絵の具で、雨粒を画面に降らせていきます。



↓こちらの作品はパッとイメージがひらめき、どんどんと進みました。
公園の中の風景のようです。
鉛筆の下がきも、細かい線でていねいにしっかりとかき込まれています!
遊具の、手前に見える線、奥に見える線のかき分けを意識的にしてみたら、
奥行き感が出ましたね。

ところどころにカタツムリや亀がいます。




こちら二人はアイディアを考え中。
ビルのアイディア、とても面白いと思うので、
上手にふくらませられると良いです。




次回は、着色した画面に雨を降らせて完成させましょう。

担当したのはまちこ先生でした。(記:まちこ先生)