こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2015年1月6日火曜日

目白1/6(火)の授業報告

    新年明けましておめでとう御座います、今年もよろしくお願いします。
    本日火曜クラス新年初の授業になります。
    今年もいろんな作品を作り、楽しく考えて制作していきましょう!
    外は雨であいにくの天気にはなりましたが、みんな元気に制作しています。
    順に見ていきましょう。

    幼児クラス  課題制作  羽子板制作
    年初めの制作なので羽子板を作ってもらいました。
    大きいものから小さいもの、なかには1人で11個も作ってくれました。
    シールやラメ糊などいろいろなものを使いました。



    こちらが完成した作品です。
    大きい親羽子板に小さい子ども羽子板が寄り添っています。
    こちらは男の子用と女の子用の羽子板になります。
    赤いラメ糊を塗っています。とても可愛らしい羽子板になりました。
    こちらは文字をメインに作った羽子板です。
    とても色が多く色シールもきいていて華やかです。
    まさに羽子板のようです。
    こちらは多くの羽子板に囲まれた羽子板です。
    ここまでの数は大変だったと思いますが、頑張りました。
    とても良いです。
    また、ひとつとして同じ絵柄がないのにも圧巻です。
    素晴らしいですね。
    こちらは凄く大きい羽子板になりました。
    富士山、太陽、空や雲などがシールに見え隠れしています。
    隅々まで色が塗れていて素晴らしいです。

    それでは次に少年クラスを見ていきましょう。

    少年クラス  課題  点描画で描く羽子板
    まず初めに羽子板に描く絵を考えてもらいます。

    決まったところで段ボールを切り、描く絵のラインをクレヨンで描いています。
    そこから絵具を使い指の腹で絵を描いていきます。

    出来上がった作品がこちらです。
    筆では出せない柔らかな独特の立体感が出ていますね。
    色味にあたたかみがあり正月の雰囲気がでています。
    こちらもピンクが指の触感により柔らかさが出ています。
    正月の絵も色の立体感がでていてとても良いです。

    
    担当したのはかほ先生とよしあき先生でした。(記: よしあき先生)
{\rtf1\ansi\ansicpg1252
{\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 HelveticaNeue-Light;}
{\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue238;}
\deftab720
\pard\pardeftab720\partightenfactor0
{\field{\*\fldinst{HYPERLINK "file:///var/mobile/Containers/Data/Application/9B373ACC-05E2-4A59-9054-B87E92B7251A/Documents/Blogger/blogger-image-1347434868.jpg"}}{\fldrslt 
\f0\fs34 \cf2 \expnd0\expndtw0\kerning0
\outl0\strokewidth0 \strokec2 }}}