こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年10月18日木曜日

10/16(火)の授業報告

火曜幼児クラスは「造花づくり」を行いました。
まずはどんなお花をつくりたいか、クレヨンで描いて考えていきます。茎が伸びた先にお花が咲いて、茎には葉っぱもついているね。お花がどんな風になっているかもお話しながら考えましたよ。
そしてアイディアをもとに紙ひも染めです。今回の造花は紙ひもでつくるんですよ!
絵の具を一色ずつ足しながら、少しずつ色のちがった紙ひもに染めました。抹茶色でおいしそうだね〜なんてお話してましたよ^^
針金に染めた紙ひもをぐるぐると巻いて、茎もしっかりつくりました。
できたお花を鉢植えする時につかう土も、紙ねんどに色混ぜしてつくったね。小さくちぎって上手に丸めていました。
次週はいよいよお花づくり!楽しみにしててね♪


少年クラスは「ネガポジ絵画」です。生徒さんはあまり聞き慣れない言葉だったと思いますが、フィルム写真のネガと現像といった感じでしょうか。フィルムだと明暗の逆転ですが、ここでは地と図の逆転です。
ちょっとわかりづらいので、スタジオの道具をつかって、モチーフの部分は画用紙を残しながら、地になるところに刷毛で描いていきました。なかなかうまくいったね!
今回はこの方法をつかって絵を描いていきます。主役は切り抜いてしまって、まわりを描くことで主役を目立たせようというやり方です。
アイディアがまとまって制作に入りました。「ハサミで絵の描いてある紙を切っているところ」です。ハサミの構造に苦戦しながらも、いい形に切り抜くことができたね。まだ切っている紙の絵が決まっていないということだったので、次週までに考えてもらうことにして、先に切り抜いた形の下に見える色紙づくりをしました。くっきりとカラフルに仕上がったので、ハサミが面白く浮かび上がりそうだね。次週も進めていきましょう。


担当したのはのぞみ先生でした。(記:のぞみ先生)