こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年9月8日土曜日

9/6(木)の授業報告

9月に入ったとたん、急に秋らしく過ごしやすい気候が続いていますね〜
今日の目白スタジオは、「亀をつくる」課題でした。

生徒さんは、ちょうど夏休みの海外旅行で、
公園にいる亀さんとふれあった経験をしたばかりだったようです。
亀の触感、大きさ、くわしく教えてくれましたよ!

まずはどんな亀さんにするか、下がきをしてみます。


さすが最近本物の亀を見ただけあって、
甲羅のもようが細かく描かれていますね!

どうやって甲羅のもようを表現するのかなと思っていたら、
まず最初にナイフでもようをつけていました。


手足をつけて扱いづらくなる前に、ナイフでもようをつけてしまおうという判断、
きちんと考えながら進めているんだなと感心です。


次に胴体に、手足や頭、しっぽをつけていきます。


体に対してしっぽの大きさがあっているかな?と何度も大きさを調整したり、
首が自然に持ち上がっている角度をだしたり、
しっかりと足でたてるようにしたり、
いろいろなところで亀の形を作っていく工夫をしました。


完成した亀さんです!
背中には数字の「1」の形のオブジェをつけました。
「なんで1なの?」と聞くと、
『ウサギと亀』の童話のエピソードから、「No.1」とつけてあげたかったとのこと!
そのやさしい気持ちに、とっても心があたたまりました。

担当したのはまちこ先生でした(記:まちこ先生)