こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年7月29日月曜日

7/29(月)夏期講習1日目の授業報告

あいにくの雨模様でしたが、目白スタジオは他のスタジオよりも一足早く今日から夏期講習スタートです。
今日から3日間、どうぞよろしくね!


幼児クラス 「すみだし」ークモの巣を描くー

さてさて幼児クラス、まずはウォーミングアップのドローイング。
今日はクモの巣がテーマなので、主役のクモとカブトムシを先生と一緒に描き、形を描く練習を行いました。

そして本題へ。大工さんが材木に線を引くのにつかう「すみだし」という手法で線を重ねながらクモの巣を描きましたよ。
糸をピンと貼り、反対の指でパチンと弾くとまっすぐに線が引けたね〜。回数が増えるごとに上達していました。早い!

クモの巣が出来たところで別の画用紙にドローイングでも描いたクモや他にもちょうちょ、テントウムシも描いて絵のまわりをハサミでチョキチョキ。

終わりの時間がきてしまったので、今日はここまで。明日の最初の時間をつかって虫たちを貼って完成させようね〜(^ω^)


少年クラス 「静物デッサンと明暗表現」(1日目)

午後になり、少年クラスにも生徒さんが到着しました。

今回のモチーフはこちら↓
かわいいバンビと植物、幾何形体の石膏です。

いつもは白い紙に鉛筆などで暗いところを黒やグレーで描いていくと思いますが、今回はグレーの画用紙に明るいところは白、暗いところは黒、中間のところはグレーの下地を活かすという手法で描きます。
まずはグレー下地をつくってもらいましたよ。スタジオがあまり広くないので少し大変でしたが(ごめんなさい。。)床に直接画板をひいて、まわりを気にしながらしっかりとグレーに塗っていけたね。

そして下地を乾かしている間に、イーゼルの使い方、鉛筆の持ち方、絵を描く姿勢など先生がデモンストレーションしながら本格的に学んでもらいました。


今日はエスキースをするところまで進んだね!
よく集中していて、みんな絵を描くのが好きなんだなぁと伝わってきました。明日はいよいよ本番の画用紙へ描き進めていきますよ〜。

担当したのは金野のぞみ先生でした(記:金野のぞみ先生)