こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年7月6日土曜日

7/6(土)の授業報告

土曜幼児クラスは、体験のお友だちも一緒に「何の形かな?」という絵画の制作を行いました。
本日はアシスタントにひろこ先生が来てくれましたね。
○△□やくねくねと曲ったヘンテコな形など、先生が用意した画用紙の形から連想するものを考えて絵を描いていったね。アイスやプリン、みかんやカレーなどの食べものが人気だったり、飛行機やレーサーカー、小鳥さんもいますね!たくさんかけたところで、土台になる画用紙に位置を考えながら貼り、絵の具で仕上げていきました。
色どりも華やかでいいですね。盛りだくさんの内容で充実した制作でした〜*\(^o^)/*

少年Aクラスは「天使の翼」づくり。
まずは羽根になる色紙を色や模様を工夫しながらつくります。こちらができた生徒さんから翼の形に切った画用紙にも色や模様をつけ、色紙を千切って羽根の重なりに気をつけて貼っていきました。だんだんと翼ができてきていますよ〜。色合いや羽根の形も一人一人個性が出てるね!
みんなそれぞれ制作のスピードが違うので作品の進み具合にも差がありますが、競争する必要はないので自分がこだわりたいところはじっくりとこだわって、いい作品に仕上げていこうね♪

少年Bクラスは「パズル」、お面の残りでつくっている「帽子」、「トーテムポール」と順調に進めていきました。
パズルは赤牛をモチーフに親子が寄り添った作品。草の中でのんびりした様子がほんわかした気持ちになりますね〜。親牛の角はグラデーションをつかって一工夫してます。
帽子の生徒さんはわりばしやダンボールをつかってプロペラ?が増えてきました〜。こちらは他の制作の合間に少しずつ進めようということになり、後半はトーテムポールへと入りましたよ。まだ写真を撮ってないのですが、制作が進んだらまた紹介します〜^ ^

担当したのはひろこ先生と金野のぞみ先生でした(記:金野のぞみ先生)