こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2014年7月20日日曜日

目白7/20(日)の授業報告

みんな夏休みに入りましたね!
お出かけに宿題に⁉︎大忙しになりますね。

そのためかお休みも多かったですね…
きょうの日曜クラスはAクラスもBクラスも、キジの剥製の生物着彩をしました。
目の前にあるものを描く。
シンプルですが、実はトレーニングしないとなかなか難しいです。

まずはAクラス。
説明の間は、僕なんか見なくてもすぐ描けちゃうよ〜!と陽気に言っていましたが、いざ描き始めると真剣!
みんな一生懸命描いていました。

こちら!
キジの形、表情、ふわふわ羽の模様、一緒に置かれている鉢植えの葉達、キジのとまっている気の土台…
それぞれを自分たちの中で消化して描き出しています。
そこにのびのびとした絵の具の色使いが加わって、一人一人同じものを描いていても個性のある素敵な作品に仕上がりました。

Bクラスもレギュラーの生徒さんはキジを描いてもらいました。
そのものを見てすぐに形にするのはなかなか難しいので、先生と一緒に、頭はこんな形かな、お腹はふっくらしてるかな…など、形を確認しながら描きました。
キジは難しかったですが、それでもよく描けていますし、葉っぱなど自分ん達のわかるものは率先して描いてくてました。
絵の具のは好きな色を選んで着色してもらったら、教室の中にいるのではなく、のびのびとしたキジの絵になりましたね!

振替の生徒さんは、途中だった作品を二つも仕上げて下さいました。
こちらは地中世界の絵。
ありの巣のようですが、なかなかゴージャスかつユニークです!ハプニングや物語が読み取れて、楽しめますね!

こちらは紫陽花。
手がボンドだらけになりながらも、統一された色合いが大人っぽい作品となりましたね!

今日はなおこ先生がお休みのため、ちひろ先生が代わりに来ました。

担当したのは、ゆうみ先生とちひろ先生でした。(記:ちひろ先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ