こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年7月7日土曜日

7/7(土)の授業報告

7/7、七夕の日です。あいにくの雨模様。七夕は毎年なかなか晴れないですね。


今日は幼児クラスからスタートしました。
今日から入塾の生徒さん、「型取り絵画」に挑戦です。
スタジオにある道具を選んで、クレヨンで画用紙の上に型取りしていきます。型取りのときに道具を反対の手で押さえるのもなかなか大変だったし、道具の端にクレヨンを沿わせるのも初めてだと難しかったね。でも何回かやっていくうちに、上手にできるようになっていきましたよ〜。
クレヨンのあとは絵の具で仕上げていきました。絵の具も初めての体験。パレットにチューブからゆっくり出して、水をつけた筆でクルクル。画用紙の上に筆を滑らせれば色が広がっていったね^^たくさんの色をつかって初めてのいっぱい詰まったにぎやかな作品が完成しましたよ。
恥ずかしがってか、あまり話さなかった生徒さんですが、「お絵描き楽しかった!」とニコニコ顔で言ってくれました♪これからいろいろな制作ができるから、楽しみにしていてね!


少年クラスは前回の続き「クモの巣」です。今日は主役のクモといろいろな昆虫を描いていくところから始めました。(クモの巣を描いた画用紙とは別の画用紙に描いて、まわりはハサミで切っていきます)
「クモの巣につかまる昆虫はかわいくないのがいいな」ということで、カナブンや蚊、蜂が登場。ちょうちょはクモの巣の外を飛んでいますよ〜。

できあがったクモや昆虫たちをレイアウト。子グモが逆さになっているのがかわいらしいです。素敵なアイディアだね。
背景は絵の具をつかって仕上げます。筆先で草を細かく描いたので、ヘビが隠れているように見えるね!
クモの縞模様が草むらに栄えて、物語の一場面のような作品ができあがりました。

残りの時間は「スライム」づくり。溶剤を混ぜると一気に固まっていくのが不思議で面白かったね。スライムのずっと触っていたくなるような感触も、とても気に入ってくれたようでした♪


担当したのはのぞみ先生でした。(記:のぞみ先生)