こども美術教室 がじゅく 目白スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年7月19日木曜日

7/19(木)の授業報告

今日も昼間は暑かったですね!
目白スタジオのある都心でも、35度を超えた「猛暑日」だったそうです。
でも少年クラスを終えて、スタジオを出るときは久しぶりに涼しい風がふいていましたよ〜

少年クラスの、幼児の生徒さんは、先週からの「色をつなげてみよう」の課題です。

まずは先週作った「オリジナル色紙」をランダムにちぎっていきます。
4色の色紙から、一人でこんなにたくさんの作品が作れました!



↓お家のある野原には、ウサギさんがいて、雨が降っているみたいです。
♡の屋根がかわいいですね。




こちらはイルカとちょうちょとへびさんです。
色紙の柄を上手にいかして、
ちょうちょの羽やへびのもようになっていますね。




↓こちらはライオンさんです。
体のパ—ツをちぎった色紙の形をうまく使ってあらわしています。




柔らかい発想力で、ポンポンといくらでも作品が生まれてくるようでした!



そして今日は体験のお友達もきてくれました!
小学校に上がったばかりのぴかぴかの一年生ですが、
「本物みたいに絵を描きたい!」ということで、
鉛筆を使った練習をしましたよ。


まずは白い紙コップから。
生徒さんがはじめにかいたコップは、オレンジの線のものです。
その上は、「よく見て描く」ことを練習してからのコップ。





発砲球です。ねりけしの使い方も練習して、
白い球の影の部分もかきました。
球についている、微妙な溝を発見してかいています。



そして消しゴム。
右ははじめにかいたもの。
左はじっくり形を見ながらかいたもの




最後に水差しにチャレンジ。
難しい形だったけれど、がんばってかきました!
かく時に長さをくらべてみること、中の管がすけて見えるところまでしっかりかくこと、ができました。



他にも、画鋲やはさみなどいろいろなものにチャレンジしましたね。
じっくり見てかくことを続けていけば、きっといろいろなものがかけるようになりますよ〜

担当したのはまちこ先生でした(記:まちこ先生)